トランペットのレッスンを通じて得られるもの

トランペット講師としてのやりがい

トランペットレッスンにて、今までまったく出せなかった高音や、まったく手も足も出なかった奏法を、アドバイス一つで出せたときの生徒の笑顔はたまらないものですよね。また、前回指摘したアドバイスを生徒が次回レッスンにてちゃんと直していれば、やりがいを感じるでしょう。こうしたときにトランペットに対する生徒の向上心が見受けられ、講師としても俄然やる気が湧いてくるものです。また、自己のトランペットに対する理解を深めることに資するというべきです。

トランペットを教える上で大変なこと

この練習の意味は果たしてあるのか、重要ではあるが、生徒はもちろん、自身でさえも説明がつかないこともあるでしょう。そうした自身でさえも理解し得ない練習システムを、自身で理解することも大変重要なことであるというべきです。また、トランペットのレッスンにおいて、どうしても時間が足りなくなることもあり、内容の充実及び生徒の満足のバランス、ないしはこれらの確保及び向上において、内容をより良いものにするために練習プログラムを組み立てることはとても大変です。

トランペットのレッスンにあたっての今後の目標

生徒がレッスンしに来るときに、その目的に応じたレッスンができれば、お互いにとって、最高なレッスンになると思います。コツコツと基本に則ったレッスンを実行していく過程で初めて気付くようなことも毎回あることから、そうした気付き発見があることに対してもまた一つやりがいというものがあるものです。また、逆に生徒から暗に指摘をされることもないではなく、そうした指摘によって自己を向上させていくことにも繋がり得、一石二鳥というものです。

トランペットの高品質のアイテムを選ぶにあたり、信頼度の高い楽器店のスタッフと相談をしながら、予算計画を立てることがポイントです。