事前に確認しておこう!車検準備のあれこれ

そもそも車検とはなに?

車検とは法律で義務づけられている自動車検査登録制度のことで、車検が切れたまま公道を走らせると法律違反になり、捕まると減点6点となります。また、自賠責保険も切れていることが大半でこちらも減点6点となります。合計で12点の減点で免停となってしまうので、注意しましょう。車検は新車購入後は初回3年、以後2年ごとに受けることになります。ディーラーからの案内がありますが、手違いでこない場合もあるので、しっかりと自分で確認しておきましょう。

車検に必要なものは?

車検を受けるときには必要な書類があるのはご存知でしょうか。意外となくしているものがあるので、事前に用意しておきましょう。まずは車検証。そもそも車に積んでいないといけないものですが、紛失されている人は、運輸支局で再発行の手続きをしましょう。次に納税証明証。5月ごろに郵送されてくる自動車税の納税証明証です。いつの間にかなくなっていることがあるので、車検証と一緒に保管しておきましょう。こちらも紛失した人は運輸支局で再発行しましょう。最後に自賠責保険証です。こちらは前回の車検時に加入していて、通常車検証と一緒になっています。こちらも紛失した人は運輸局で再発行しましょう。

車検を受ける工場選び

車検を受けられる工場は多くあります。それぞれ特徴があるので自分にあった場所をえらびましょう。一番受けやすいと思うのは、車を購入したディーラーでの車検です。車検が近づくとディーラーから車検の案内が届きます。値段は高めに設定されていますが、技術士の人と不具合について相談することができ、高い技術力があります。おすすめというか私が使っているのは、カーアクセサリー量販店での車検です。ディーラーでの車検も受けたことがありますが、カーアクセサリー量販店のほうが車検料金がほぼ半額になりました。車の状態が悪くなく直すところがなければ値段も安く満足いくと思います。

車検とは、道路を走る自動車が一定年数で法定の検査を受ける義務のことを言い、自賠責保険への加入と自動車の検査が必要です。この検査を受けずに走行すると厳しい罰則があります。